ゴルフボール比較 PR

【比較表】タイトリストのボール9種類を徹底比較!2023年おすすめは?使える低価格ボールも!

proV1X

ソフトな打感で飛ばしたい人は、タイトリストで最もソフトなボールの「TruFeel」が最適です。2000円台でタイトリストのボールが買えるのでコスパも良いです!

また、男性ゴルファーだけでなく意外と女性ゴルファーにもフィットする「プロV1x」はスピン量が多く、中高弾道で飛ばせるのでボールが上がりにくい人におすすめです。

AVX」は低弾道なのが特徴で、さらにスピン性能や飛距離性能に優れていてプロV1やプロV1xと並ぶ高性能ボールです。

タイトリストには高性能なプレミアムパフォーマンスボールから、安くてもタイトリストクオリティを体験できるボールがあるので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

AVX
引用(著作権法第32条):タイトリスト

 

タイトリストはアメリカのゴルフ用品全般を扱うブランドで、人気のプロV1シリーズはツアープロをはじめ世界中の多くのゴルファーが使用している使用率ナンバーワンのボールです。

タイトリストのボールは「すべてのゴルファーのスコアアップに貢献すること」を目的としているので、初心者から上級者まで使えるボールが揃っています。

今回はタイトリストのボール9種類を比較してみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

本記事はアフィリエイト広告を利用しております。

タイトリストのボール9種類比較

1.プロV1

プロv1はスピード、スピン、打感、その全てを高次元で融合したトータルパフォーマンスに優れた3ピースボールです。

世界中のゴルファーに最も多く使用され、ツアープロにも信頼され選ばれています。

プロV1xと比べると、高さを抑えた中弾道で、ドライバーのスピン量はやや少なく、ソフトな打感を実現しています。

卓越した飛距離性能を発揮しつつ、グリーン周りでのアプローチでは正確なショットを生み出し、多くのゴルファーのスコアアップに貢献します。

プロV1
引用(著作権法第32条):タイトリスト
タイプ スピン系
構造 3ピース
推奨ヘッドスピード 全領域
柔らかさ ソフト
弾道 中弾道
ディンプル数 388
メーカー希望小売価格(1ダース) 7150円

ハイグラディエントコアにより、前作に比べて飛距離性能がアップし、ロングゲームでの高初速、低スピンを実現しています。

また、タイトリスト独自のキャストウレタン・エラストマー・カバーが圧倒的なドロップ&ストップ(落ちて止まる)コントロール性能を発揮しショートゲームの成功へと導きます。

プロv1xよりもソフトな打感で、全番手で心地よいフィーリングが得られます。

プロV1を打ってみた感想

ドライバーからパターまで打感が柔らかく気持ちがいいです。

ドライバーではスピンが少なく飛距離がアップし、アプローチショットでは安定感があるボールを打てました。

以下の人におすすめ

  • 柔らかいボールがいい人
  • バランスが良いボールを使いたい人
  • 人気のツアーボールを使いたい人
  • 高さを抑えた中弾道がいい人

2.プロ V1x

プロ V1xは、理想的な中高弾道と正確なスピンコントロール性能を備えたトータルパフォーマンスに優れた4ピースボールです。

プロ V1xはプロV1に比べるとしっかりめの打感で、スピン量がやや多めです。

スピン量が少ない人はスピン量を増やすことで飛距離が伸びたり、ボールを止める力もアップするのでスコアアップにつながります。

実はプロV1xはスピン量が少なく球が上がりにくい女性にもフィットするボールです。意外ですよね!

proV1X 引用(著作権法第32条):タイトリスト

タイプ スピン系
構造 4ピース
推奨ヘッドスピード 全領域
柔らかさ 硬め
弾道 中高弾道
ディンプル数 348
メーカー希望小売価格(1ダース) 7150円

タイトリストのプレミアムパフォーマンスボールは、プロや上級者だけのものではなく、すべての人に高いパフォーマンスを発揮できるボールです。

ヘッドスピードが遅い人であっても、ショートゲームでのショット数の方が多いことから、スコアアップのためにはスピン量が多いボールを使う方が近道だという考えです。

プロV1Xの圧倒的なスピードとスピン性能がトータルパフォーマンスを発揮します。

プロV1xは4層構造でインナーコアが大きく進化したハイグラディエントコアと、柔軟性に優れた高弾性ケース層により、高初速、低スピンで大きく飛ばすことができます。

また、タイトリスト独自のエアロダイナミクスデザインの348ディンプルが、プロV1よりも少し高めの弾道で飛距離性能を最大限に引き出します。

プロV1xを打ってみた感想

球が上がりやすく、グリーンに落ちたところにピタリと止まります。

ドライバーショットではソフトな中に芯を感じられる打感で、高めの弾道で大きく飛ばせました。

スコアアップしたい人や高みを目指したい人におすすめ。

以下の人におすすめ

  • スコアアップしたい人
  • スピン量が少なめな人
  • 理想的な安定した中高弾道がいい人
  • やや硬めな打感が好みな人

3.AVX(タイトリスト)

AVXは、プロv1、v1xと並ぶプレミアムパフォーマンスボールで、極めてソフトな打感と優れた飛距離性能、スピンコントロール性能を発揮する3ピースボールです。

AVXの名前の由来は「Alternative Pro V1 and Pro V1x」を省略したもので、プロv1、プロv1xに並ぶプレミアムパフォーマンスボールの3つめの選択肢という意味が込められています。

低弾道、低スピン、ソフトな打感を求めるゴルファーにおすすめです。

AVX引用(著作権法第32条):タイトリスト

タイプ 第3系
構造 3ピース
推奨ヘッドスピード 全領域
柔らかさ とてもソフト
弾道 中低弾道
ディンプル数 348
メーカー希望小売価格(1ダース) 6930円

AVXはプロV1・プロV1xと同じサーモセット・ウレタンエラストマーカバーを専用にアレンジし、極めてソフトな打感を実現しています。

グリーン周りでのスピン性能にも優れていて、タイトリストの重視するDROP & STOPが発揮されます。

ロングショットでも開発コアと柔軟性の高いケース層により、高初速、低スピンでソフトフィーリングで大きく飛ばすことができます。

AVXを実際に打った感想

ドライバーでは風に強くよく飛び、曲がりを抑えてくれる印象がありました。

スピンはプロv1シリーズと遜色ないですが、非常にソフトフィーリングで使いやすいと思います。

以下の人におすすめ

  • 打感が柔らかいボールがいい人
  • バランスが良い性能のボールを探している人
  • スピン性能に優れたボールがいい人
  • 低弾道の球を打ちたい人

4.VG3

VG3はすべてのショットで驚異的な飛距離とソフトな打感を追求した3ピースボールです。

ドライバーショットでは高速デュアルコアにより、低スピンとボールスピードが向上し、驚異的な飛距離性能を発揮します。

また硬めの印象があるディスタンス系のボールですが、VG3はすべてのショットで非常にソフトな打感を味わえます。

タイトリスト初のマットカラーもラインナップされているので注目してみてくださいね!

VG3引用(著作権法第32条):タイトリスト

タイプ ディスタンス系
構造 3ピース
推奨ヘッドスピード 全領域
柔らかさ ソフト
弾道 中弾道
ディンプル数 312
メーカー希望小売価格(1ダース) 5940円

新開発のコアと反発力の高いカバーの組み合わせにより、ボール初速が向上し、余分なバックスピンを抑え、抜群の飛距離性能と直進性を生み出します。

また、312ディンプルデザインにより安定した強弾道で飛距離を最大限に引き出します。

ディスタンス系のボールなのでスピン系と比べるとスピン量は少なくなりますが、もともとスピンをかけて止めるという打ち方でなく、ピッチエンドランで打てるゴルファーであれば問題なさそうです。

VG3を実際に打った感想

ディスタンス系のボールにしては打感が柔らかく、よく飛び曲がりにくいです。

ボールが上がりやすいのも良かったです。

以下の人におすすめ

  • 柔らかい打感のボールを選びたい人
  • 直進性と飛距離を求める人
  • スピン系よりディスタンス系ボールに慣れている人
  • 安定した弾道を求める人

5.TOUR SOFT

TOUR SOFTは、ソフトな打感と卓越した飛距離性能を誇る2ピースボールです。

新開発346ディンプルデザインによって、空力性能が向上しドライバーショットで優れた飛距離性能を発揮します。

また、大きなコアと薄いカバーが優れたコントロール性能とソフトな打感を実現しています。

タイトリストクオリティの本物のパフォーマンスがプレーの向上につながります。

ツアーソフト引用(著作権法第32条):タイトリスト

タイプ ディスタンス系
構造 2ピース
推奨ヘッドスピード 全領域
柔らかさ 非常にソフト
弾道 中弾道
ディンプル数 346
メーカー希望小売価格(1ダース) 3960円

346ディンプルデザインと大型高速コアの組み合わせにより、高初速で進化した飛距離性能を発揮します。

また、ソフト薄い4CEカバーにより、ショートゲームではスコアアップにつながるスピン性能が期待できます。

ディスタンス系のボールですがアイアンではその場で止まり、ショートゲームではスピンもかかります。

ソフトフィーリングで飛ばしたい人におすすめです。

TOUR SOFTを実際に打った感想

ソフトフィーリングで飛び、それなりにスピンもかかります。

ディスタンス系のボールなのでキュキュッと止めることは難しそうですが、ふんわりあげて止めるのが向いているボールだと思います。

以下の人におすすめ

  • 柔らかい打感のボールを選びたい人
  • 飛距離性能を求める人
  • リーズナブルなボールを使いたい人
  • アベレージゴルファー

6.Velocity

VELOCITYは、驚異的な飛距離性能を誇る2ピースボールです。

グリーン周りの打感やコントロール性能を損なうことなく、高初速、高打ち出し、低スピンで驚異的な飛距離性能を誇ります。

もう少し飛距離を伸ばしたいというゴルファーに最適です。

ベロシティ引用(著作権法第32条):タイトリスト

タイプ ディスタンス系
構造 2ピース
推奨ヘッドスピード 全領域
柔らかさ ソフト
弾道 中高弾道
ディンプル数 350
メーカー希望小売価格(1ダース) 3300円

進化したコアとNaZ+カバーの組み合わせにより高初速で飛ばせて、グリーン周りでは柔らかい打感とが期待できます。

また、350ディンプルデザインにより全体的に高弾道をもたらし、大きな飛びを実現します。

タイトリストのボールでは買いやすいお値段なので、ボールを無くしやすい初心者にもおすすめです。

Velocityを実際に打った感想

打感はやや硬めですが、高初速でよく飛びました。

曲がりも少なくディスタンス系のボールですがグリーン周りのスピンも少しかかりますよ。

以下の人におすすめ

  • 直進性が欲しい人
  • 飛距離性能を求める人
  • リーズナブルなボールを使いたい人
  • やや硬めの打感の方が好きな人

7.TruFeel

TruFeelは極めてソフトな打感で飛ばす2ピースボールです。

タイトリストのゴルフボールの中で、最もソフトな打感で大型の高速コアにより優れた飛距離性能を発揮します。

心地の良い柔らかい打感が好みな人におすすめです。

トゥルーフィール引用(著作権法第32条):タイトリスト

タイプ ディスタンス系
構造 2ピース
推奨ヘッドスピード 全領域
柔らかさ 非常にソフト
弾道 中低弾道
ディンプル数 376
メーカー希望小売価格(1ダース) 2640円

弾道はやや低めの中低弾道で、より大型化、高速化したトゥルータッチコアと高性能エアロダイナミクスにより、ぐんぐん力強く伸びていくボールを打つことが可能です。

薄く進化した2.0トゥルーフレックスカバーにより、柔らかな打感と優れたコントロール性能を発揮します。

イエローボールは深いラフでも見つけやすく視認性が高いです◎

トゥルーフィールを打ってみた感想

ドライバーでは力強い弾道で飛び、スピンもスピン系ボールと比べると、ピタッと止まる感じではないのですがそれなりにスピンが効きます。かなりコスパがいいボールですね。

以下の人におすすめ

  • タイトリストのボールを使いたい人
  • 柔らかいボールが好きな人
  • コスパがいいボールを使いたい人
  • バランスが良いボールを選びたい人

8.GranZ

GRANZは、驚きの飛びとソフトな打感の3ピースボールです。

ハイ・エネルギー・マルチコンポーネント構造により、高初速、低スピンで直進性のある大きな飛びを可能にします。

体力が落ちてきて飛ばなくなってきたゴルファーにおすすめです。

グランゼ引用(著作権法第32条):タイトリスト

タイプ ディスタンス系
構造 3ピース
推奨ヘッドスピード 全領域
柔らかさ ソフト
弾道 高弾道
ディンプル数 332
メーカー希望小売価格(1ダース) 3455円

ソフト・スーパーフレキシマー・カバーを採用することにより、ソフトな打感とアプローチ性能を発揮します。

また、332ディンプルと超弾性デュアルコアにより、曲がりにくい強弾道で大きく飛ばすことができます。

2006年に販売当初は1球700円越えの高級品でしたが、今ではお安く買えるようになっています。

長年愛用しているゴルファーも多いボールです。

GranZを打ってみた感想

安定感のある飛びで曲がりも少ないです。

ディスタンス系のボールですがほどよくスピンもかかる高性能なボールです。

以下の人におすすめ

  • タイトリストのボールを使いたい人
  • 直進性が欲しい人
  • コスパがいいボールを使いたい人
  • 飛ばしたい人

9.HVC SOFT FEEL

HVC SOFT FEELは飛距離とスピン性能を両立したコストパフォーマンスに優れた2ピースボールです。

定評のあるソフトサーリンカバーでソフトな打感と大きな飛距離性能を実現しています。

また、独自のコアにより高初速で強弾道で飛ばします。

打感にこだわるゴルファーや、遠くに真っ直ぐ飛ばしたい人におすすめです。

HVC_feel引用(著作権法第32条):タイトリスト

タイプ ディスタンス系
構造 2ピース
推奨ヘッドスピード 表記なし
柔らかさ ソフト
弾道 強弾道
ディンプル数 392
メーカー希望小売価格(1ダース) 2200円

HVC SOFT FEELは打感もソフトで高めの弾道でよく飛びます。

2ピースボールのディスタンス系ボールの中では高いスピン性能を誇ります。

タイトリストクオリティで2000円台で買えるのは素晴らしい!

コスパの良いボールを探している人にもおすすめです。

HVC SOFT FEELを実際に打った感想

ディスタンス系のボールですが打感が柔らかく、スピンも少しだけかかるのでバランスが良いボールだと思います。

コスパもいいのでロストしやすい人にもおすすめです。

以下の人におすすめ

  • コスパが良いボールを使いたい人
  • 飛ばしたい人
  • 柔らかい打感が好みな人
  • バランスの良いボールを探したい人

HVC

タイトリストゴルフボール比較表

商品 詳細 ポイント 価格 タイプ 構造 ヘッドスピード 柔らかさ 弾道 ディンプル数
ProV1Pro V1 Amazonで見る スピード、スピン、打感を高次元で融合したボール 7150円 スピン系 3ピース 全領域 ソフト 中弾道 388
Pro V1XPro V1X Amazonで見る 理想的な中高弾道とスピン性能でトータルパフォーマンスに優れている 7150円 スピン系 4ピース 全領域 硬め 中高弾道 348
AVXAVX Amazonで見る トータルパフォーマンスに優れた3ピースボール 6930円 第3系 3ピース 全領域 非常にソフト 中低弾道 348
VG3 VG3 Amazonで見る 驚異的な飛距離とソフトな打感を追求した3ピースボール 5940円 ディスタンス系 3ピース 全領域 ソフト 中弾道 312
ツアーソフトTOUR SOFT Amazonで見る ソフトな打感と卓越した飛距離性能を誇る2ピースボール 3960円 ディスタンス系 2ピース 全領域 非常にソフト 中弾道 346
ベロシティVelocity Amazonで見る 驚異的な飛距離性能を誇る2ピースボール 3300円 ディスタンス系 2ピース 全領域 ソフト 中高弾道 350
trufeel TruFeel Amazonで見る 打感はタイトリストのボールの中で最もソフト 2640円 ディスタンス系 2ピース 全領域 非常にソフト 中低弾道 376
グランゼGranZ Amazonで見る 長年愛される飛距離性能に優れた3ピースボール 3455円 ディスタンス系 3ピース 全領域 ソフト 高弾道 332
HVCHVC SOFT FEEL Amazonで見る コスパに優れたバランスの良いボール 2200円 ディスタンス系 2ピース 全領域 ソフト 強弾道 392

タイトリストについて

タイトリストのブランドについて

タイトリストはアメリカに本拠地を置くゴルフ用品全般を扱うブランドです。

タイトリストというブランド名は、「タイトル保持者」という意味から生まれていて、プロの使用を意識しています。

ゴルフボールの使用率はナンバーワンを保持し続けており、多くのゴルファーから信頼を寄せられています。

タイトリストのボールの推奨ヘッドスピードは?

タイトリストのゴルフボールはすべて、どのヘッドスピード領域のゴルファーが使用してもパフォーマンスが発揮できるように設計されています。

ドライバーのヘッドスピードに基づきゴルフボールを選択するという考えもありますが、タイトリストはヘッドスピードに関わらずボールを使用することを推奨しています。

それは、すべてのゴルファーは1つのヘッドスピードだけではなく多くの異なるヘッドスピードを持ち合わせているため、ドライバーのヘッドスピードだけでゴルフボールを選択することは、すべてのショットでトータルパフォーマンスを兼ね備えたゴルフボールでプレーする機会を失うことになりかねません。

タイトリストのボールフィッティングでは女性の7割がプロV1xが合うという結果が出るように、ヘッドスピード領域に関係なくボールを選ぶことができます。

プロv1とプロv1xの違い

まずプロV1は3ピース構造で、プロV1xは4ピース構造になっています。

打感はプロV1の方が柔らかめで、プロV1xはやや硬めです。

また弾道はプロV1が中弾道、プロV1xが中高弾道で、スピン量はプロV1xの方が多めなので、スピン量が少なめでボールが上がりにくい人はプロV1xを選ぶとよいでしょう。

ABOUT ME
影山篤●編集主幹・ゴルフジャーナリスト協会会員
JGJA・ゴルフジャーナリスト協会会員。 広告会社を経て株式会社アドコンダクターを設立。 ゴルフ歴35年、年平均40ラウンド、これまで700コース以上をプレー。ゴルフコースの設計者の意図を組み攻略法を分かりやすく解説することをモットーにするゴルフジャーナリスト。 テレビ東京・年始特番「フレンドリーゴルフ」を3年間担当 テレビ東京・レギュラー番組「塩谷育代のゴルフ魅せます」を担当 文化放送・レギュラー番組「牧野裕のナイスオンサタデー」にて4年間プロデュース業務を担当。近年では「観光+ゴルフ」というゴルフツールズムを提唱し、地方の活性化に力を入れている。高品質で安価なゴルフ場カレンダーも制作しているクリエイターでもある。
\お得にゴルフしたい人は必見!/
\お得にゴルフしたい人は必見!/