東京都のゴルフスクール

【博士号・取得】コンバインドプレーン・アカデミーはアマチュアからプロまで通うゴルフスクール

コンバインドプレーン・アカデミーの安藤秀プロと永里洋一プロ

今回は『コンバインドプレーン』というゴルフの理論を元に初心者からプロまで通うゴルフスクール株式会社コンバインドプレーン・アカデミーを経営している代表安藤秀さんにインタビュー取材をしました。

認定校も多数あり、海外の方まで魅了するその秘訣を伺っていこうと思います。

ゴルファーを救いたいという思い

インタビューアー:髙木つぐ美(以下T)

高木
高木
まず、起業した経緯を教えてください。
安藤さん
安藤さん
はい。わかりました。

安藤さん(以下A):起業した経緯っていうのは、ぴったり同じじゃないんですが、僕がいたスポーツクラブが、リニューアルで2年間ぐらいクローズになり、どうにかしてくれないかと働いている方々に言われて、、、

周りを探したんですが、なかなか、そう上手く他に入れるところがなくて、、、

「じゃあ、もう作っちゃおう!」ということで、自分で作ったことがスタートかと。まあ、起業する前だったんですけどね。

コンバインドプレーン・アカデミーの安藤秀プロ

周りから勧められたこともあり、そのスポーツクラブで1対1で教えてました。

その後もっと広くやって起業してみようとし、動いたけどあまり最初は上手くいかず、、、

その2年後にゴルフスポーツクラブのニーズが高くなった時に、以前から計画していた『コンバインドプレーン理論を広げる』プランが動きだして起業したという経緯です。

T: なるほど~ 起業って最初から誰でも上手く行くものじゃないけれど、諦めずにご自身の信念や理念を叶えていったということですね。

高木
高木
 大事にしている価値観や理念も教えてください。
安藤さん
安藤さん
とにかくゴルファーを救いたいという気持ちです。

A: まだまだビジネスは広がってないし、自分ではまだ満足してないよ(笑)

経営していこうとすると、お金がどうとか、経営がどうとか、ホームページももっとこうしたらいいとか、周りから心配されていろいろ言われるんですけど、、、

ありがたいアドバイスもあり、実践してチャレンジしてみると、成果が出てくるようにもなって。

それが分かるとコンテンツみたなものもそうなのですが、ゴルフオタクだからハマってどんどん楽しくてやっているという感じですね。

高木
高木
あー、なんか職人さん気質な感じですかね?
安藤さん
安藤さん
そうかもしれない。

A: で、その経営云々よりもゴルファーを救いたいって言うと、ちょっと偉そうかもですけど。

T: いやいや、想いは強い方がいいですよ!

A: この間もここに体験した人に言ってたんですけど、こうこう、こうやってゴルフスイングを作るんだぞって言って。

ボールの打ち方や小手先のテクニックなどは最初は大事じゃないんだと。

「問題は、打った時にどういう球が出るか」それはその振り方にあるんだから、振り方を作らなきゃいけなくて。。。

振り方=体の動き=「コンバインドプレーン」

体をちゃんと動かせない人は、クラブを動かせないし。

クラブを動かせない人は、ボール打っても、当たっても飛ばないというのはあるんですよね。

そういう事で、こうやってスイングを作っているんだよって教えて、スイングを作るっていうのは、クラブを持つダンスと一緒。

だから、ゴルフは楽しくダンスするイメージが大事なんです!

コンバインドプレーン・アカデミーの安藤秀プロ

小手先のテクニックだけ覚えたり、飛ばすことだけを目標にして、「飛ばないからゴルフが嫌いだ」という気持ちにならないようにしてあげたいから、理論をきちんと伝えた上で何が大事で何を改善したらいいのか?根本的なことを伝えたいという理念はありますね。

筑波大学でゴルフ理論の博士号を取得

高木
高木
ではそのメインで教えられている「コンバインドプレーン」身体の動きが他のゴルフスクールとの差別化になると思うのですが、このことを教えてください。
安藤さん
安藤さん
私が筑波大学で博士号を取得した理論なんですよ。

A: ゴルフスイングの指導って指導者によって教え方がそれぞれ違うんですよね。だから学ぶ場所や講師が変わると言ってることが違ったりするから、生徒さん達も困惑するみたいで、、、

それじゃ良くないなぁと思って、ゴルフの歴史からさかのぼって1,800年代の末期の指導書や資料、書籍を読みあさり、約2年かけて論文にした理論がこの「コンバインドプレーン」なんです。それで筑波大学博士号(体育学科)も取得しました。

詳しくはHPをご覧ください。→https://cp-golfschool.com/about/method.php

この理論を確立させたからこそ、どの講師に学んでも同じことを教えられるので、生徒さん達も安心して通えるし、講師が変わってもストレス無く学んで成長できるようになっているので。

T: それは良いことですよね~ 講師が違うと指導方法も変わることがあると、人気の講師がやめちゃったら困ったりするでしょうし。

A: ですね。それと定期的に勉強会を認定校の代表者と開催しているので、そこで情報交換もできる環境を整えているので、より良い指導法や最新の情報なども共有できて、お客様や講師の満足度も高いと言われてます。

コンバインドプレーン・アカデミーの安藤秀プロと永里洋一プロ写真は永里洋一プロと。

それから、書籍を定期的に書いているんですけど、自分の指導法が新しいものが出てくる度に本にしているんです。

本にするために整理することを繰り返すと、どんどん成長してきたなという実感もありますね。

T: それはすごくいいですね!9月と11月に書籍発売もあるそうで、楽しみです。

※安藤さんの新刊が出版されました。

著者/安藤 秀
出版社:河出書房新社

 

忙しい方にオンラインでスクールも実施中

T: それから時代に合わせた指導方法も確立されているそうで、『オンラインゴルフレッスン』通信スクールもされてますよね?

A: そうですね、海外に住んでいる方やスクールや認定校に通えない遠方の方にも自宅でレッスンできるようにしたいと思って、、、

忙しい会社員の方も経営者でもスキマ時間にレッスンされたいと思うので、要望に答えられるようにしましたね。

一人一人のスイングを動画で見て、担当者がお手本を撮影して動画で返信してます。

完全オーダーメイドだからこそ、効率良く苦手な部分も克服できるし、成長できるかと。

もちろん教材等も動画や資料があるので、実践しながらゴルフを楽しんでもらえたらと思います。

高木
高木
最後に今後のビジョンを教えてください。
安藤さん
安藤さん
たくさんありますよ!

A: そうですね~、まだまだ広がってないのでもっと「コンバインドプレーン理論」を広げたいですね。

志が同じで価値観の合う方に認定校としても活動して欲しいですし。

ただ、お金のためではなく、ゴルフ業界を変えたい!誰が教えても本質的な指導ができるようにしたいですね~。

あとはゴルフマニアなので、好きなことについて一緒に語れる仲間を増やしたいと思います。

まとめ

今回は貴重なお時間を頂きありがとうございました。ゴルフ素人の私でも分かる内容を教えていただき、また、ゴルフが苦手だと思いこんでいたので、、、

身体の動きを正しく使えば、ちゃんとボールに当たって飛びそうだと思えました。

これからもゴルフが苦手だと思っている方達にも「コンバインドプレーン理論」が広がることを願ってます。

他関連校や認定校あり