東京都のゴルフスクール

町田モダンゴルフクラブ内「ゴルフ工房チューンアップスタジオ&ゴルフスクール」中嶋毅プロインタビュー

スコアアップにはもちろん日々の練習が欠かせませんが、使うクラブによっても大きく左右されるのがゴルフ。

その両方に対してちょっとアドバイスしてくれる人が近くにいると、心強いだけでなく、ゴルフも楽しみ方も変わってきますよね。

今回ご紹介するのは、レッスンプロであり、クラブのトータルフィッティングも行う「ゴルフ工房チューンアップスタジオ&ゴルフスクール」の中嶋毅プロです。

場所は、オープンして間もなく50年という、地域の人々から長く愛されている打ちっぱなし練習場「町田モダンゴルフクラブ」内。

中嶋さん自身もここに中学生になった頃から、友人たちと一緒に遊びに来ていたそうです。

そんな自然とゴルフに親しむ環境の中で心に抱いたのは

「プロゴルファーになるよりも、教える立場の人間になりたい」ということでした。

支配人の鈴木幸次氏に言わせれば、「まさに異色の存在」。

その目線でゴルフと関わり続け、コーチングという視点においては誰よりも長い歴史を持つといっても過言ではありません。

ゴルフレンジは、開放感バッチリの130ヤード。

気持ちよくクラブを振りながらの技術指導や、より自分にフィットしたクラブにするためのアドバイスも受けられます。

あらためていう必要もありませんが、工房の名称にある「チューンアップ」とは、「一部に手を加えてよりよい機能、性能に調整すること」。

クラブのせいにはしたくない、なんていう人もいるかもしれませんが、自分により合うクラブにすることで技術は思いのほか向上します。

親しみやすい人柄で、ベテランから初心者までオールマイティーに対応してくれる中嶋さん。

女性にも優しく、丁寧にレクチャーしてくれます。今回のインタビューも、気軽に応じてくれました!

教え方はシンプルがモットー

中嶋プロ
中嶋プロ
教えることに興味を持ったら、どんどんオタクになっていきました(笑)。

現在の工房を正式に立ち上げたのが2000年です。

それまではキャディーの仕事もしながら「町田モダンゴルフクラブ」に在籍し、レッスンプロとしての技術を磨き続けました。

心底ゴルフが好きで、教える側に興味をもったのも単純に「レッスンっておもしろい」と感じたから。

教え方にはアプローチ方法がいくつもあるのでそれを自分流にアレンジし、あちこちの講習会に顔を出しては「こんなこともできるな」「あんなこともできるな」と得た知識をもとに練習法を頭に描く。

おかげでどんどんオタクになっていき、そうやって常にいろいろ考えながらゴルフと関わるのが好きです。

レッスンプロとして僕が大事にしているのは、「なるべく単純に」教えることです。

スイング動作はもちろん、使う言葉も極力シンプルにしてわかりやすく伝えることを心掛けています。

ゴルフの基本中の基本はスイングの安定ですが、これが思いのほか難しい。

その原因として、まず何といってもボールが小さい。卓球も球も小さいけれど、卓球の場合はラケットを握り体に近いところで打ちますよね。

ところがゴルフクラブは、シャフトがあって握った手元から1m前後離れたところで打つことになる。その分、難しくなるのは当たり前です。

これをコントロールするのが全身の動きで、コーチングの際はスイングのトップからフィニッシュまでをなるべく単純化するため、僕は「サークルコントロール」というオリジナルの言葉を使って説明しています。

スイングって支点と振り子の原理なんですが、支点のつくり方がわかれば自然とボールに当てやすくなります。

動作としてはとても単純なもので、もう少し細かく言えば支点の大元は首根っこ。

そこから始まる振り子運動なので、この支点を意識させるようなコーチングを行っていきます。

ところが、多くの人はシャフトが長いがために、どうしてもクラブをボールに当てにいってしまう。

第二の問題はここです。器用に当てよう、当てようとしてしまうので、支点がつくりづらくなっています。

支点が動かなかったらあとは重力に任せればいいので、本来、クラブの通り道はひとつ。

そこに正しくセットアドレスできたら、楽にボールを飛ばすことができるようになります。

その考え方を基本にしながらも、決して押しつけにならないよう言葉は選んでアドバイスを行います。

その人が今何を求めているかをきちんと理解し、僕と関わる時間の中で「お!」と、ゴルフに対しての小さな発見を得て帰っていただけたらうれしいですね。

工房では個人個人に合わせた調整を心がけている

中嶋プロ
中嶋プロ
自分に合ったクラブにするだけで、驚くほど変わるんです!

見ていて自分に合うクラブ選びができていない、またしようとはしていない人が多いと感じます。

ですが、その人のスイングとクラブの関係性を考えたとき、どんなクラブでもいいということはありません。

その人に適しているかどうかで技術の伸び具合が大きく変わるので、ぜひ一度「チューンアップ」にお越しいただきたいですね。

クラブのフィッティングで僕がおススメしているのが、グリップエンドに穴を開け、ウエイト(重り)をシャフト内に装着する「ツアーロック・カウンターバランス」という方法です。

認定フィッターとしてここ1年ほどの間に多くの方に試していただき、とても喜ばれています。

ウエイトは何種類もあって、軽いものでは8g。重くなると30gまであり、それまで振っていたクラブより当然重くなるはずですが、逆にしっかり振れて重さはさほど感じないと思います。

重さはその人の体格、体力、スイングなどを見ながら検討します。

自分に合ったクラブが持てると、体の使い方から当たる確率、飛距離も当然伸びます。

例えば、いわゆる初心者セットを使って練習していた女性に対して、その人に合いそうなクラブにツアーロックを施して試打してもらったところ、軽く20~30ヤード飛距離が伸びました。

初めは振りにくそうだったスイングも、楽にクラブが振れるようになっています。

「ツアーロック」は原英莉花プロなどがパターに入れて優勝したことですでに話題になっていますが、パターも振り心地が変わります。

打ち分けてみてくださいというと、9割以上の人が納得します。

ウエイトの重みを使って「任せる」ことができると軌道が安定し、ストロークがショット同様に変わります。

「町田モダンゴルフクラブ」にはパター練習場もあるので、いつでも試打して違いを感じてほしいですね。

「ツアーロック」以外にも、ヘッド、グリップ、シャフトなどより適したものをお選びできるよう、種類豊富にご用意しています。

シャフトだけでも限りなく種類があり、それぞれしなり方、しなる部分も異なってくるので、プロ目線でその人のスイングに合ったものをご紹介しています。

「工房」と名のつくように、ゴルフのあらゆることにお応えしますので、何なりとご相談いただければと思います。

レッスンはビギナーの方に丁寧に教えます。

中嶋プロ
中嶋プロ
レッスンは20分/1500円から。スクールもあります!

「町田モダンゴルフクラブ」は、ゴルフ歴の長い方が多く来場していますが、もちろんビギナーの方も大歓迎。

スクールというとインドアが主流になりつつある昨今ですが、やはり飛距離や弾道がわかり、気持ちよくスイングできるという点では屋外の打ちっぱなしは最高です。

飛距離やバックスピン回転などがわかる弾道測定器「スカイトラック」も導入していますが、打ちっぱなしゆえにひと目でわかるため、それも必要に応じて稼働させています。

個人レッスン「20分/1500円」のほか、好きな時間のクラスに参加できるスクールもあります。

スクールは1回90分で、昼と夜の部もありますのでライフスタイルに合わせてご利用いただけます。

コースレッスンも行なっています。

初心者の方もいますし、定年前に少しずつ再開させ、仕事から離れたら本格的にゴルフをしたいという男性など、顔ぶれは多彩です。

定期的に開催していますので、どなたでも気軽にご参加いただけたらうれしいですね。お仲間もたくさん増えると思います。

年齢を重ねても続けることができ、しかも健康によく、楽しい1日を過ごすことのできるゴルフ。

もっと多くの方に親しんでいただけるよう、レッスンプロ&フィッティングのプロとしてこれからもがんばっていきたいと思います!

町田モダンゴルフクラブ内「ゴルフ工房チューンアップスタジオ&ゴルフスクール」

  • 住所/東京都町田市南町田2-9-1
  • TEL:042-795-0496
  • 営業時間(スクール&工房)/11:00~21:30 月・水定休
  • アクセス/東急田園都市線「南町田」「すずかけ台」駅から徒歩16分
    「横浜町田IC」から車で10分

スクール/火曜 11:00~12:30、19:00~20:30
木曜 11:00~12:30、13:00~14:30 19:00~20:30
金曜 11:00~12:30
土曜 11:30~13:00、13:30~15:00、18:00~19:30
日曜 14:30~16:00、17:00~18:30

料金/個人レッスン ⒛分・1500円、8回コース(期限1カ月)・10000円、4回コース(期限なし)・8500円、平日昼のスクール 4回・6000円

中嶋毅さんのブログ/町田モダンゴルフ工房(プロショップは燃えているか!?)
https://profile.ameba.jp/ameba/jeronimo2010/